QULISM*BLOG


0578.jpg

CONTAX G2+ Biogon28mm
28mm、45mm、50mm これが私が今もっているレンズです。
全て単焦点なんです。
山などに行って風景を撮る時はほとんどが広角を使っていますが、たまにマクロがあると便利だな~って思います。
ズームレンズを使いたいと思う状況がないので今のところは必要ないかと。カメラを持っていく時はなるべく荷物を少なくしたいので、ズームレンズの長さは私の使っているカメラバッグには入らないという点もあります。
しかし、最近は85mmあたりが欲しいと思うようになってきました。
中望遠っていうんですかね?二眼レフを使いはじめたら、これくらいの焦点距離のレンズがどうしても欲しくなって… いろいろと物色してる毎日です。
flexa01.jpg

Flexaret VII
以前の日記でFlexaretのフィルムサイズの設定がうまくいかないことを書きましたが、どうやら故障していることが解りました。
6×6と6×4.5の切り替えのネジがあるのですが、このネジが外からピンによって押し込まれることによって切り替わるところでうまく作動してないようなんです。
いろいろ調べた結果、この7型の壊れやすい所として複雑なシャッター機構のほかに、この切り替えピンの故障も多いようなのです。
私の所有している固体はシャッター機構は問題なかっただけに非常に残念です。
でも写りには全く問題ないので、このまま6×4.5専用として使おうと思ってます。新しいのを買うまではね(笑)
IMG_0578.jpg

チェコのMeopta社の二眼レフカメラです。
写りに定評のあるMeopta Belarレンズに惹かれ随分前にオークションで手に入れたものです。
ですが、いまいち使い方がよく分かりません…

現像が出来上がって確認すると、なぜか6×4.5のサイズに…
6×6のはずじゃなかったの?
なのでリベンジでもう一度撮ってみると…
またしても結果は同じ。
何ででしょうか?さっぱり分かりません。

写りは全く問題ないのですが、このフィルムサイズの設定だけがよく分かりません。誰か親切な方教えてくださ~い!
IMG_0566.jpg

言わずと知れたニコンのマニュアル最高峰に位置するカメラです。
今はG2と並んでメインで使ってます。(最近あまり使っていないけど…)

これももちろん中古で買ったわけなんですが、非常に快適に動いているので今のところはノーメンテです。いずれはサービスセンターに持っていこうと思ってます。

さて使用感ですが、個人的には露出がややスポット的な感じがする以外は特に気になる点はないですね。
巻き上げ感覚も最高ですし、100%のファインダー倍率は大変見やすいです。初めて覗いた時は思わず「おおぉ~!」って唸ってしまいました。(笑)
このカメラで撮ってる時はいつも、“写真を撮る”という行為に喜びを感じます。
今では中古価格もだいぶ下がってきていますが、このカメラはいつまでも手元に残しておきたいです。

back to TOP