QULISM*BLOG




R0010765.jpg

GR DIGITAL Ⅱ


GR DIGITAL Ⅱ

人気のない朝、一人ゆっくりと花見に出かける。


GR DIGITAL Ⅱ

朝から桜を求めて各地をさまよってきました。
どこも人で賑わっていて、歩きの疲れも倍増しました…
でも、天気が良かったので気持ちよかった~。


GR DIGITAL Ⅱ

数日前は遠くから見たら枝しか見えなかったのに、一瞬にして花を咲かせた。
さて、サクラを見にいこうか。


Ricoh GR1v

カメラを持って、何も考えずに気持ちのいい写真が撮りたい。
できれば行ったこともない、人の居ないところに行きたいと思う。

春を前に少しお疲れモードの今日この頃。


GR DIGITAL Ⅱ

今年もいろんな場所に滑りに行った。
そのたびに、お土産としてご当地の日本酒を買ってきたわけで。
たくさん飲んだ今シーズンなのでした。


Ricoh GR1v


GR DIGITAL Ⅱ


GR DIGITAL Ⅱ

4月はスタートの季節。
それまでの残り少ない日を大事に。


GR DIGITAL Ⅱ

おそらく今シーズン最後になるであろう、白い世界へと旅立ちます。


GR DIGITAL Ⅱ


GR DIGITAL Ⅱ

静まり返った人のいないホーム、電車がくるまでの時間がとても長く感じる。


Ricoh GR1v

ここ最近、何かと忙しくてゆっくり空を眺める時間がない。
気が付くと夕暮れ時も過ぎている。
誰もいない広い場所で、ただゆっくりと過ごしたい。


GR DIGITAL Ⅱ

小さな蕾がたくさんついていた。
満開の桜が見れるのはもうしばらく先のこと。


GR DIGITAL Ⅱ


GR DIGITAL Ⅱ

桜!?
どう見ても梅ではなかった。
小春日和の散歩中の突然の出会いでした。


Ricoh GR1v

ビルの間から朝の光が差し込む


GR DIGITAL Ⅱ


GR DIGITAL Ⅱ


Ricoh GR1v


Ricoh GR1v


GR DIGITAL Ⅱ

空に張り巡らされた血管のようだ。


GR DIGITAL Ⅱ

赤、白の小さい花を咲かせた梅に出会う。
GRDをいじっていたら、スクエアフォーマットで撮影できることを思い出した。
さっそく試しに撮ってみる。
手軽に真四角写真を楽しむにはちょうどいいのだろう。
自分にとってはあまり必要のないものだなと感じた。


Ricoh GR1v

今はただ、じっと春が来るのを待っている。
もうしばらくすると、そこかしこで春の訪れを発見できるだろう。
080225a0032.jpg

Ricoh GR1v


Ricoh GR1v


Ricoh GR1v


Ricoh GR1v

なぜカメラを持って、知らない街を歩くのか…
それは暇つぶしでも義務でもなく、ただ気持ちのいいことだからだろう。
自分が気持ちいいと感じたものをフィルムに焼付ける。
その仕上がりを見て、その時感じた気持ちよさが甦ってくる。
またフィルムを詰めて、知らない街に出かけよう。


Ricoh GR1v

今日もたくさんの人が、この路を通って運ばれてくる。


Ricoh GR1v

back to TOP